名古屋で工務店なら 株式会社 有美社 リフォーム 建築

当社のこだわり

当社のこだわり

派手な宣伝広告は一切いたしておりません。その分をしっかりお客様へ還元いたします。※下記参照
心技体。礼儀・技術・品質・安全第一です。
お客様と積極的にコミュニケーションを図って、楽しく家づくりができるよう努力します。
押しつけは一切しません。ただし、職人の立場でお客様の利益になりことは積極的にお話いたします。
現場の清掃・整理・整頓に心がけます。
当社からお客様へお願い

職人の集団です。営業が上手にできません。
できるだけ丁寧に優しい言葉使いを指導していますが、中には昔かたぎの職人がおります。
決して礼儀が無いわけではありませんが、時に現場では仕事に没頭するあまり、ぶっきらぼうな受け答えをしてしまう事があるかもしれません。その際には会社へご連絡いただければ、しっかり現場をフォローいたします。ぜひ、ご要望は職人ではなく現場の監督または会社へご一報いただけましたら幸いです。
イメージ

不況になって物が簡単に売れなくなってくると雨後のタケノコのように『販売のための販売』手法が出てきます。決して悪くはないのですが、建築と言う長い目で見た時に、その利便性がかえってアダになってしまっている事があります。

例えば、いま流行の施主支給です。おおくはこんな説明で消費者にアピールします。

一般的な場合

お客様のご要望を叶えるまでに、
多くの会社が関係してきます。
そのためコストもどんどん
アップします。
A社の場合

私たちA社では中間の業者を出来る
だけ通さずお客様とおつきあいする
ため格安価格でご提供いたします。

まず、ここにある一般的な流通経路で取引している業者は今やほとんどないでしょう。普通の工務店なら商社や一次問屋から入れます。ですので流通経路の短縮化で安さの理由を説明する事はほとんど意味が無い事です。つまり、そんなに値段が変わらないという事です。
実際に見積もりを取る時に、直販ルートの金額をぶつけてみてください。それくらいなら対応できますと言うと思います。逆に多少高くても後々のアフターメンテを考えれば結局得する事が多いのではないかと思います。

直販で買って施主支給しても、取り付けは地元の業者に頼まなければほぼ絶対にできません。
(お客様がガスや電気の工事免許を持っていれば自分で取り付けできます。)取り付け業者からしますと、どこぞの流通経路か分からない物ですので保証はメーカー保証のみとしかいえません。
しかも何かあったときに対応の窓口はお客様になっていただく事になります。

メーカーは保障期間を過ぎると無料では絶対に来てくれません。見に来るだけもでお金を取ります。これが地元業者で買っていれば、おそらくアフターサービスで対応できるでしょう。消耗品などはもちろん有料ですが、何事も無ければ請求される事はほとんどありません。
施主支給が悪いわけではありません。それで対応してくれと言われれば「対応します。」と言います。

しかし、本当にそれがお客様の利益になるとは思えません。初期投資を多少安くする代わりに、先々のお得分を放棄していると言う事です。本当に責任ある建築を保証できるのは、地域密着して生活もそこにある地元工務店に勝るものはありません。
それが建築というものの本質です。

この例のような「販売のためのカラクリ」はいくらでもあります。何度も言いますが、建築と言うものの本質を理解していただけば、迷う事はありません。